はくがん【白眼】の語源・由来


【意味】
冷たい目つき。

【語源・由来】
中国・晋時代の「竹林の七賢人」の一人である阮籍が、俗世の礼儀にうるさい人には冷淡な目つき(白眼)で接し、尊敬したり好意を持っている人物は、歓迎の目つき(青眼)で交わったという故事から。「晋書」より。「白い目で見る」もこの故事から生まれた。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事