ぎゅうじる【牛耳る】の語源・由来


【意味】
首領となって、組織を意のままに操縦する。牛耳を執る。

【語源・由来】
「牛耳る」は、「牛耳」を動詞化した語。「牛耳」は、牛の耳のことで、古代中国春秋戦国時代に諸侯が同盟を結ぶとき、盟主となるものが牛の耳を裂き、その血を互いにすすり合い、組織への忠誠を誓ったという故事(「左氏伝(哀公十七年)」)から、「牛耳を執る」というようになり、転じて、その組織の中心人物になるということを意味する。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事