くぎに【釘煮】の語源・由来


【意味】
いかなごを醤油・砂糖・生姜で甘く煮た佃煮。

【語源・由来】
「釘煮」の出来上がりの色や形が、茶色く折れ曲がった釘のように見えることから。また、釘煮を作る様子が、釘を煎っているように見えたことから「釘煎り」と呼ばれ、「釘煮」に変化したともいわれる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事