えほうまき【恵方巻】の語源・由来


【意味】
節分の日に、その年の恵方を向いて食う巻きずし。

【語源・由来】
「恵方」は「正月の神の来臨する方角」「暦術が入ってからは、その年の歳徳神のいる方角」のことを指す。恵方に向かって、黙って願い事をしながら1本の巻きずしを丸かじりする風習から。巻きずしを切らずに丸ごと食べるのは、縁を切らないという縁起をかついだもの。また、七福神に因んで、7種類の具が入れられている。
恵方巻の起源は、江戸末期に大阪の問屋街船場(せんば)で商売繁盛や無病息災を願って食べたのが始まりといわれるが定かではない。のちに、1970年代半ばに大阪海苔問屋協同組合がすし関係の団体と連携し、節分と関連付けて恵方巻の販売促進を行ったことがきっかけとなり、1990年頃から、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどで、行事食として販売する動きが広がり、全国に認知された。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事