びんちょうすみ【備長炭】の語源・由来

【意味】
熊野産の木炭。産女樫を材料とする。

【語源・由来】
江戸時代に、紀州(和歌山県)田辺の備後屋長右衛門がはじめてつくったことから。「びんちょうたん」とも読む。

スポンサーリンク
スポンサーリンク