ピーマンの語源・由来

【意味】
野菜の一つ。唐辛子の変種。

【語源・由来】
「唐辛子」の意のフランス語「piment(ピマン)」から。日本には江戸時代にポルトガル人によって伝えられたが、当時入ったものは辛みのある唐辛子で、甘みのある種が入ったのは明治初期で、アメリカから伝えられた。

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る