あつもりそう【敦盛草】の語源・由来


【意味】
ラン科の多年草。

【語源・由来】
初夏になると、茎の頂に母衣(ほろ)の形をした、紅紫色の唇弁(しんべん)花をつける。その花の形を平敦盛が背負う母衣に見立てたことから。「母衣」とはよろいの背に負った布。敦盛は平安末期の若武者で、一ノ谷の合戦で熊谷直実(くまがいなおざね)に討たれ、十六歳の若さで亡くなった平家の武将。同じラン科の多年草で、花を熊谷直美の母衣に見立てた「熊谷草」もある。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事