あらいぐま【洗熊】の語源・由来


【意味】
狸に似た哺乳動物。

【語源・由来】
食べ物を水で洗って食べる習性から。また、水中の獲物を取る様子が、手を洗っているように見えることからとも。「浣熊」とも書く。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事