あしたば【明日葉】の語源・由来


【意味】
せり科の大型多年草。八丈島など暖地の海浜に生じ、葉は羽状複葉、ウドに似て光沢があり、淡緑色。発育がはやい。秋、散形花序の白い小花を密生。茎・葉には淡い黄色の汁液を含む。芳香があり、葉と茎は食用。野菜としても栽培。ハチジョウソウ。

【語源・由来】
今日摘み取っても明日には葉が出るという意味から。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事