あいづち【相槌】の語源・由来

【意味】
相手の話の調子に合わせてする受け答え。

【語源・由来】
鍛冶が刀を鍛えるときに、師匠と弟子とが槌を打って刀を鍛えたが、師匠が槌を打つ合間に、弟子が槌を打っていた。この弟子の槌を「相槌(あいづち)」といい、そこから生じた言葉。

スポンサーリンク
スポンサーリンク