やりだまにあげる【槍玉に挙げる】の語源・由来

【意味】
大勢の中から選び出し、攻撃や非難の対象にする。

【語源・由来】
「槍玉」は、手玉を扱うように槍を自由自在に操ることをいう。また、槍で人を突き刺すこと。槍で人を突き刺し、高く突き上げることを「槍玉を挙げる」といい、そこから、特定の対象を選んで見せしめにするという意味になった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク