われなべにとじぶた【割れ鍋に綴じ蓋】の語源・由来


【意味】
ひびの入った鍋にもそれに相応するつくろった蓋があるように、どんな人にもそれ相応の配偶者がある。また、配偶者は自分相応のものがよいというたとえ。

【語源・由来】
「割れ鍋」は、ひびの入った鍋のこと。「綴じ蓋」は、つくろった蓋のことで、「閉じ蓋」は誤り。ひびの入った鍋にもそれに相応するつくろった蓋があるものだという意味から。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事