とにかく【兎に角】の語源・由来


【意味】
①あれこれと。何やかやと。
②それはさておき。何にせよ。ともかく。

【語源・由来】
「兎に角」は当て字。古くは「とにかくに」という形で用いられ、副詞のそのようにの意の「と」、このようにの意の「かく」と格助詞の「に」から成る語。あれこれと、何やかやとという意味で用いられ、のちに、それはさておき、なんにせよ、ともかくという意味になった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事