シリヤケイカ【尻焼烏賊】の語源・由来


【意味】
コウイカ科のイカ。体はコウイカに似て袋形。胴長約15cm。背面は灰褐色で白色斑点が散らばる。胴の腹面後端の尾線から褐色の液を分泌し、体の後半が汚れているので、この名でよばれる。東京湾以南に多く産し、食用。ハリナシコウイカ。シリクサリ。

【語源・由来】
シリヤケイカは、胴の腹面後端の尾線から褐色の液を分泌し、体の後半が汚れていることから、こう呼ばれる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事