ろうばい【狼狽】の語源・由来


【意味】
うろたえること。

【語源・由来】
狼狽の「狼」も「狽」もオオカミの一種といわれる伝説上の動物。「狼」は前足が長くて後足が短いが、「狽」は前足が短くて後足が長い。そのため、「狽」は「狼」の背に乗って常に一組になって歩くという。両者が離れると、うまく歩けなくなってあわててしまうことから。「周章狼狽」の「周章」もあわてふためく意。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事