めかけ【妾】の語源・由来


【意味】
妻をもつ男性と関係をもち、経済的な援助を受ける女性。

【語源・由来】
「目を掛ける」の意からで、古くは「目掛」とも書いた。男が目を掛けて世話をする女の意になった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事