ろんり【論理】の語源・由来


【意味】
思考や論証などの筋道。

【語源・由来】
英語logicの訳語。もとは漢籍の言葉で「おさめる」の意。「史記」などに例がある。当初は「ロジック」の形で多く使われたが、明治時代に「論理」の形で広く使われるようになった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事