りっぱ【立派】の語源・由来

【意味】
①堂々として見事なさま。非常に優れているさま。
②条件・資格などが十分に備わっているさま。欠点や不足がないさま。
③(「ーな・・・だ」の形で下にマイナスの評価の語を伴って)見方によっては十分な資格を持っているさま。ある意味では十分な・・・だ。

【語源・由来】
「立派」は、仏教語の「立破」からとされる。因明で、ある命題を主張すること(立)と、他の命題を論破すること(破)。これがきちんとしていることをいうことから、きちんとしていることを「りっぱ」というようになり、「立派」の字が当てられたとされる。

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る