リンパの語源・由来


【意味】
リンパ管系を満たしている無色または単黄色の液体。成分は血しょうに似るが、たんぱく質の含有量は少なく、少数のリンパ球を含む。リンパ液。

【語源・由来】
「リンパ」は、リンパ(液)の意の英語「lymph」から。古くは、(小川・泉の)清水、樹液の意味だった。英語「lymph」は、フランス語「lymphe」からで、「lymphe」は、澄んだ、水の意のラテン語「lympha」に由来。「lympha」は、泉の女神、水の女神の意のギリシヤ語「nymph」から。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事