レンギョウ【連翹】の語源・由来


【意味】
早春、葉の出る前に黄色の花を多数開くモクセイ科の落葉低木。枝は垂れさがって長く伸びる。庭木などにする。イタチグサ。

【語源・由来】
「連翹」は、漢名「連翹」の音読み。(中国では、トモエソウまたはオトギリソウの名。)日本に伝わった時に誤認したことから、日本では「連翹」とされる。枝に実が連なっているさまの「連」+雉が尾羽を広げて高く飛び立つさまのように茎が高く直立するさまを表す「翹」から成る語。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事