ラムネの語源・由来


【意味】
①炭酸飲料。炭酸水に、甘味料・酸味料・香料などを加え、口にガラス球をはめた瓶に詰める。
②①を飲むとげっぷがでるところから、「月賦」の隠語。

【語源・由来】
「ラムネ」は、レモン水の意の英語「lemonade」が訛った語。「lemonade(レモネード)」は、1853年、ペリー提督が浦賀に来航した際に、日本に伝わったとされる。はじめは「レモン水」、「オランダ水」と呼ばれたが、「ラムネ」の名称が一般的に定着した。当初は、ラムネの栓はコルクで、ビー玉を用いるのは、イギリス人が考案したものを模したものとされる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事