ぬれてであわ【濡れ手で粟】の語源・由来


【意味】
苦労せずに利益を得ることのたとえ。濡れ手で粟をつかむ、濡手に粟、濡手で粟のぶったくりともいう。

【語源・由来】
水に濡れた手で粟(=穀物の一種)をつかめば、粟粒がたくさんついてくることからいう。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事