ニコチンの語源・由来


【意味】
アルカロイドの一種。タバコ(属名ニコティアナ)に含まれ無色揮発性液状。猛毒。神経・小脳・延髄・脊髄などを刺激・麻痺する薬理作用、特異な刺激的臭気と苛烈な味がある。

【語源・由来】
「ニコチン」は、煙草を入手し流行させたフランスの外交官ニコ(J.Nicot)の名に因む。1550年、ポルトガル大使のニコは、リスボンであらゆる病に効果があるというタバコ種の植物をもらい受け、大使館の庭に植え、研究をした結果、頭痛薬としての効能を認め、帰国後にフランス国内に広めた。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事