むなぐら【胸倉・胸座】の語源・由来


【意味】
着物の左右の襟の重なり合うあたりの部分。むながらみ。むなづくし。

【語源・由来】
「胸倉」は、左右の襟が重なり、他よりも盛り上がっていることから、「胸座(くら)」の意からとされる。古くは、「むながらみ(胸搦み)」「むなづくし(胸尽くし)」などといった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事