むとんちゃく【無頓着】の語源・由来

【意味】
物事を気にかけないこと。平気なこと。

【語源・由来】
「無頓着」は、かつては「頓着無い」という形で用いられた。「無貪着(むとんじゃく)」の変化した語。「貪」は飽くことを知らない貪りの心をいう。「着」は、「執着」の意で「貪着」は、貪り執着することをいう。
「貪着」が「頓着」に変化するようになると、「頓着」の表記が多く見られるようになり、こだわること、気にかけること、懸念することといった広い意味に変化していった。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る