みっともないの語源・由来


【意味】
体裁が悪い。

【語源・由来】
見たくもない意の「見とうもない」の転。

【語源由来の出典】
・大言海
・江戸語大辞典=前田勇

【参考】
中世の「見たくもなし」が「見たうもない」「見とむない」などを経て、近世後期に「みっとむない」「みっともない」などとなったもの。近代には「みっともいいものではない」「みっともよくない」などの言い方も生まれた。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事