めはながつく【目鼻が付く】の語源・由来


【意味】
大よその見通しが立つ。

【語源・由来】
目と鼻があるべき所にきちんとあって顔立ちが整うことからいう。そこから、大よその見通しが立つことをいうようになった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事