めはりずし【目張り寿司】の語源・由来


【意味】
高菜漬けに包んだむすび飯。大きいので目を見張って食べるからいう。熊野地方の名産。めばりずし。

【語源・由来】
「目張り寿司」は、サイズが大きいので目を見張って食べるからいう。元々、農作業の合間に食べる弁当で、簡便化するために大きくなったとされる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事