きょうぎ【経木】の語源・由来


【意味】
杉や檜などの木材を薄く削って紙状にしたもの。菓子や魚などを包むのに使う。

【語源・由来】
もとは、追善供養のために死者の法名や経文を記して用いたことから。鎌倉時代から使用。包みとして使う経木は、「薄経木」と呼ばれるが、この名称は第二次世界大戦中に全国統一された。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事