くぎをさす【釘を刺す】の語源・由来


【意味】
あとで問題が起きないよう、あらかじめ念を押す。釘を打つ。

【語源・由来】
建物を建築する際に、念のためにさらに釘を打って固定したことから。日本の木造建築で釘が使用されるようになったのは江戸中期以降で、この表現もその後に生まれた。「楔を刺す」ともいう。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事