いちれんたくしょう【一蓮托生】の語源・由来


【意味】
最後まで他の人と行動や運命を共にすること。

【語源・由来】
よい行いをしたものは、死後、ともに極楽に住生して、同じ蓮の花の上に生まれ変わること。現在では、善悪に関係なく行動や運命をともにする者同士という意になった。

【参考】
一蓮托生の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事