いてき【夷狄】の語源・由来

【意味】
外国人を軽蔑していうことば。

【語源・由来】
古代中国で、東方の未開国を「東夷」(とうい)、北方のそれを「北狄」(ほくてき)といった。それぞれ、野蛮人の意味を持ち、東方、北方の異民族に対して用いた蔑称。このほか、西方を「西戎」(せいじゅう)、南方を「南蛮」といった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク