ぴんぽんの語源・由来

【意味】
球技の一つ。長方形の卓の中央にネットを張り、ラケットでプラスチック製のボールを打ち合って得点を競う。シングルス・ダブルス・混合ダブルスの試合形式がある。テーブル-テニス。

【語源・由来】
「ピンポン」は元々商品名で、卓球を指す語。1898年に、イギリス人のジェームス・ギブが、アメリカで旅行中にセルロイド製のおもちゃのボールを見つけ、イギリスに持ち帰って、当時はやっていた「バトルドア・アンド・シャトルコック」というゲームのバンジョー・ラケットでプレーしてみたところ、ピンポンと打球音が響いたことに由来するとされる。おもしろいと感じたジェームス・ギブは、これを遊技用品の会社を経営していた友人の「ジェームス・ジェークス」に紹介し、「ピンポン」という名前を「商品登録」し、セルロイドボール1個と木製ラケット2個をケースにいれて「ピンポンセット」という商品名で発売した。

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る