ひぶたをきる【火蓋を切る】の語源・由来


【意味】
戦いなどを始める。

【語源・由来】
「火蓋」とは火縄銃の火皿を覆う蓋のことで、「切る」は「開く」「外す」などの意味で、「火蓋を切る」は、火蓋を開いて転嫁すること。 弾を撃つためには火蓋を開き、火縄の火を火薬に点火するため、戦いを始めることを「火蓋を切る」と言うようになった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事