ごたぶんにもれず【御多分に漏れず】の語源・由来


【意味】
他の大部分のひとが考える通り。例外ではなく。

【語源・由来】
「多分」は多数・大多数の意。「御多分」は、多くの人の意見や行動。「漏れず」は漏れない意。大多数が漏れなく付き従うという意味から「ほかの大部分の人が考える通り、例外ではなく」という意味になった。「洩れず」と書くこともある。「御多分」の「御」は、「多分」を「世間様」と捉えての表現だと考えられる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事