ゴールデンウィークの語源・由来


【意味】
4月末から5月初めの休日の多い週。黄金週間。

【語源・由来】
「ゴールデンウィーク」は、聴取率が高い時間帯をさすゴールデンアワーにならった和製語。はじめは「黄金週間」といわれた。
1951年松竹と大映が獅子文六原作の映画「自由学校」をこの時期に上映したところ、正月や盆の期間よりもヒットしたため、この期間に大作を封切するようになった。日本映画界が観客動員数を増やすキャンペーンのために使い始めた言葉。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事