がんもどき【雁擬き】の語源・由来


【意味】
くずした豆腐に細かく刻んだ野菜などを加え、油で揚げたもの。

【語源・由来】
漢字で書くと「雁擬き」。味が雁の肉に似ていることから。もとは、こんにゃく・麩などを揚げたもの。関西では多く飛竜頭(ひりょうず)という。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事