ふんいき【雰囲気】の語源・由来


【意味】
そこにいる人やその場から自然に作り出される独特の気分。

【語源・由来】
幕末に、オランダ語のluchtが訳され「空気」の意で用いられた語。明治初期に英語atmosphereの訳語となり、明治後期には、抽象的な意を持つようになり、「気分」の意で一般化した。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事