だめおし【駄目押し】の語源・由来


【意味】
念を入れて確かめること。また、勝利を決定づけること。

【語源・由来】
「駄目」は、囲碁で双方の境にあってどちらの地(領分)にもならない所のことをいう。そこに石を置いても勝敗とは関係ないことから、無駄な目を意味する。「駄目押し」は、終局後、お互いが念のためにその駄目に石を埋めあうことから。転じて、万一のために確かめる意。スポーツで、さらなる追加点により勝利が確実になる場合にも用いられる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事