びーだま【ビー玉】の語源・由来

【意味】
ガラス玉。子どもの遊具。

【語源・由来】
ポルトガル語でガラスを意味するvidro( ビードロ )からで、ビードロを略し、それに「玉」がついたことば。江戸時代まで、ビードロはガラスを意味する言葉だった。ビー玉が製造されたのは明治時代の中頃。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る