あかね【茜】の語源・由来

【意味】
アカネ科のつる性多年草。

【語源・由来】
根が赤黄色をしていることから「赤根」の意とされる。根から染料を取る他、漢方では利尿・止血・強壮剤として用いられる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク