とかく【兎角】の語源・由来


【意味】
①かれこれ。なにやかや。いろいろ。とこう。
②ともすれば。ややもすれば。
③とにかく。何にせよ。

【語源・由来】
「と」はああ、「かく」は、こうの意で、両方とも副詞。「兎角」は当て字。「あれやこれや」という意味から、あれこれあるがいずれにせよの意になり、中世以降、ともすれば、ややもすればという意味になった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事