てれん【手練】の語源・由来


【意味】
人をだます。うまい手段。

【語源・由来】
熟練の腕前をいう「手練(しゅれん)」の誤読とする説、熟練する意の「調練(ちょうれん)」の転とする説など諸説ある。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事