みこ【巫女・神子】の語源・由来

【意味】
神に仕えて神楽・祈禱を行い、または神意をうかがって神託を告げるもの。未婚の少女が多い。かんなぎ。

【語源・由来】
「巫女」は、霊威あるものに対しする敬意の「御」+女性の意の「子」から成る語と考えられる。また、「神子」とも書くことから、「神の子」の意からともされる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る