マッチ【燐寸】の語源・由来

【意味】
軸木の先の薬剤を摩擦させ火をおこす用具。

【語源・由来】
英語matchから。日本に入ってきたのは幕末期と見られる。明治初期までは「早付木(はやつけぎ)」「擦付木(すりつけぎ)」とよばれていた。「燐寸」は当て字。

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る