まるで【丸で】の語源・由来


【意味】
①ちょうど。あたかも。さながら。
②(下に否定的な語を伴って)全く。全然。まるっきり。

【語源・由来】
「まるで」は、「丸で」の意味で、丸は欠けたところがないことから、完全の意になり、完全に似ているさまをいう「あたかも」「さながら」という意味になった。明治時代以降、下に否定的な語を伴って、全く、全然、まるっきりという意味で用いられるようになった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事