まつり【祭り】の語源・由来

【意味】
①まつること。祭祀。祭礼。俳諧では特に夏祭りをいう。
②特に、京都加茂神社の祭の称。
③近世、江戸の二大祭。日吉山王神社の祭と神田明神の祭。
④記念・祝賀・宣伝などのために催す集団的行事。祭典。

【語源・由来】
「まつり」は、食物をささげたり、音楽を奏したりして、新霊を慰め、また祈願する意の動詞「祭る」の連用形を名詞化した語。「奉る(まつる)」と同源。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る