いんげんまめ【隠元豆】の語源・由来


【意味】
マメ科の一年草。

【語源・由来】
江戸時代に、中国明(みん)の禅僧、隠元禅師がもたらしたことからこの名がある。別名は「五月ささげ」「三度豆」。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事