ひょうへん【豹変】の語源・由来

【意味】
行動や態度などが、がらりと変わること。

【語源・由来】
豹の毛が季節によって生え変わり、豹の斑文が美しくなることから。「君子豹変す、小人は面を革 (あらた) む(君子は豹の模様のようにはっきりと過ちを改めるが、小人物は外面だけを改める)」による。「易経」より。元は良いほうに変わる意だが、現在は、悪いほうに変わる意で用いられることが多い。

50音インデックスで逆引き検索