はっぽうふさがり【八方塞がり】の語源・由来

【意味】
打つ手のないこと。

【語源・由来】
陰陽道で、どの方角に向かって事を行っても不吉な結果が予想されること

スポンサーリンク
スポンサーリンク